若手社員の声

VOICE

皆さんに近い存在である
入社1~2年目の若手社員に、
ダイトロンでの仕事について、
アンケートを実施しました。

Q1ダイトロンを選んだ理由は?

数多くの仕入先、得意先との取引がある為、取扱う商材が多い点や若手社員にチャンスがある環境であるという点に興味をもちました。また、将来、私は海外で働きたいという思いがあり、これから海外に力を入れていくという会社の方針と合致していた為、この会社に決めました。<入社2年目 営業>
内々定後、本社を見学したいとお願いしたところ、見学だけでなく、直属の先輩になる社員の方々とお話しする機会を設けていただきました。親身に向き合ってくれる会社だと感じ、当社を選びました。
<入社2年目 管理スタッフ>
私はものづくりにおけるすべての工程(設計から製造、検査まで)を担う企業で、主に製品の設計、開発等ができる事を第一優先に考えて、就職活動を行っていました。そして、工場見学で訪れた際に従業員の皆さんが活き活きと働いている姿を見て、この会社で働きたいと思い、数ある企業の中から当社を選びました。
<入社2年目 技術>

Q2入社1年目は、どんな仕事をしていましたか?

4月初旬は新入社員全体研修(マナーなど)に参加し、4月中旬~6月末にかけてはOJT研修(先輩社員に同行して勉強)を行いました。7~12月に営業部へ本配属され、自分で新規ユーザーなどにアポイントを取り、予定を埋めていくようになります。自分の予定だけでなく、スポットの案件なども手伝わせていただくこともありました。年明け1~3月にこれまで先輩が担当していたユーザーを引き継いでからは、本格的に目標をもって営業活動を行っていきます。<入社1年目 営業>
入社してから1週間ほどは新入社員集合研修を行い、その後、コンポーネント事業部に配属され、OJT研修が始まりました。OJT研修では、営業技術課、開発技術課、資材課、製造課の方々から、製品の説明や仕事の流れについて講義していただき、製造課では実際に製造の仕事も行いました。私はメーカーの営業職ですが、製品についての理解を深めるために、OJT研修が終わってから現在も引き続き、製造課で製造研修を受けています。
<入社1年目 営業>
OJT期間の3ヵ月間は、OJTリーダーが担当している業務を教えていただきながら、課の先輩一人ずつから各人担当している業務の説明を受け、課全体の仕事内容を理解しました。7月からは、営業所の見積り担当やメーカーの担当を任され、新しく覚えることばかりで大変でした。9月頃には、先輩社員と一緒に仕入先訪問や展示会へ行きました。不具合対応や返品対応等の複雑な社内処理を学んだのもこの頃です。年明け1月からは見積り担当営業所やその他任される仕事が増えました。<入社2年目 業務スタッフ>
新入社員集合研修後、本配属の部署にて、3ヵ月間研修を受けました。研修内容は主に当社で取り扱っている製品について理解を深めるために、加工品の受入から、組立、製品の出荷までの一連の工程を実作業にて学ぶというものでした。研修後は、各製品の担当の方のフォローに入っていました。9月頃から先輩が担当していた製品作りを私が引き継ぐことになり、その後は、周囲の方にフォローしていただきながら、製品作りに取り組んできました。<入社2年目 製造>

Q3入社する前にどんな不安を抱えていましたか?入社後その不安はどうなりましたか?

全く無知な業界であったので、エレクトロニクスの知識面で付いていくことができるか不安がありました。しかし、入社してみると、日々の業務の中で少しずつ知識を身に付けることができる為、不安は無くなりました。業務中以外でも空き時間などを使って、積極的に学ぶ姿勢を心掛けています。<入社1年目 業務スタッフ>
職場の雰囲気に馴染めるか、生活リズムに慣れることができるか、仕事が務まるか不安でしたが、先輩は優しい方ばかりで、困りごとがあっても相談しやすくサポートいただきました。生活リズムにも早い段階で慣れ、仕事も順調です。<入社2年目 営業>
仕事に対する不安もありましたが、何より心配だったのが人間関係です。大学までは気の合う人と過ごすことが当たり前ですが、会社ではそうはいきません。年齢や背景の異なる人たちとうまくやっていけるのだろうかと不安でした。実際に入社してみると、そんな心配をしていたことすら忘れてしまうほど温かく迎え入れていただきました。<入社1年目 営業(事務)>

Q4入社後、どのような勉強を行っていますか?

製品の勉強はもちろんですが、新聞や本などで情報収集と自己啓発をしています。先輩方を見て、製品の知識だけでなく、あらゆる話題に対応する引き出しや話の聞き方が大切だと学んだからです。半導体業界の情報や傾聴力に関する本を読んでいます。<入社1年目 営業>
海外の仕入先ともやり取りができるように英語力を付けています。輸入品を扱う機会も多々ありますが、少しでも英語が読める方が有利に仕事を進めることができます。また、数多くのメーカーの製品を扱っているので、製品に興味を持ち、少しずつ知識を得ています。<入社1年目 業務スタッフ>
私は機械科の学生でしたが、入社後は電源の設計、製造を行っています。その為、電気の勉強を一から始めました。また、自社で設計・製造している製品についての勉強も行っています。実際に製品に触れてみることが、より確かな理解につながっていると感じています。<入社1年目 技術>

Q5社会人になって、新しく増えた楽しみを教えてください。

社会人になると休日の予定がとにかく楽しみになります!また、自ら訪問したユーザーから注文をいただくことも楽しみです。初受注したときの嬉しさは忘れられません!<入社1年目 営業>
自分へのご褒美を買うことです。社会人になり、学生時代には手が出なかったような化粧品や洋服を買えるようになりました。好きなものを買う事でストレスの発散や、仕事へのモチベーション維持にも繋がっています。
<入社1年目 管理スタッフ>
新規顧客を訪問し、受注をいただいたときの達成感です。初受注は数千円の製品でしたが、やはりとても嬉しいものでした。<入社1年目 営業>
美味しいものを遠くまで食べに行ったり、おしゃれなバーにお酒を飲みに行ったりすることが増えました。週末のちょっとした贅沢が仕事を乗り切るコツです。<入社2年目 業務スタッフ>

Q6学生生活と社会人生活の違いは何ですか?

視野の広さです。学生はとても限定された世界ですが、社会人になると幅広い年齢層や価値観の人と接することになります。これまでの自分の視野の狭さに気づくと同時に、今まで触れなかったような価値観や考えに触れることができて、とてもおもしろいです。<入社1年目 管理スタッフ>
人との関わり方です。学生時代の関係のほとんどは友人関係ですが、社会人は仕事上の関係になります。自分の行いひとつで多くの人に影響を与えてしまいます(ミスなどマイナスなことほど影響が顕著に出ます…)。
逆に仕事を確実にこなすことで他者(会社、社員、お客様等)貢献を実感できるのが、社会人の醍醐味ではないでしょうか。<入社2年目 管理スタッフ>
「社会人には時間がない」と言いますが自分はそんなことないように感じます。学生時代と違い、部活動やバイト、サークル活動が無いので、土日は基本的に自分の時間です。サークルや部活をやっていたからかもしれませんが、作ろうと思えば時間はいくらでも作れるようになりました。<入社1年目 技術>

Q7職場の雰囲気はどうですか?

業務時間中は、程良い緊張感に包まれていますが、休憩時は皆が冗談を言い合うような和やかな雰囲気で、オン・オフがはっきりした職場です。また、何か質問をすると真摯に答えていただけるので、自己成長しやすい環境であると思います。<入社1年目 営業>
「新入社員だから」など全く関係なく、意思や意見を尊重していただける職場だと思います。分からないこと、知りたいこと、やりたいことがあれば、手を止めて皆さんとても親切にご指導下さいます。私は管理課ですが、比較的時間に余裕のある時は、他部署の業務も少しお手伝いさせていただいています。<入社2年目 管理スタッフ>
風通しの良い職場です。具体的には、誰かがわからないことがあれば、他部署からすぐに意見やアドバイスが飛び交います。特に私が所属する事業所では、一つの課題を事業所全員で考えています。<入社1年目 営業>

Q8社内でのイベントや同好会はどのようなものがありますか?

BBQやボウリング大会などがあります。他の部署の方や仕入先の方にもお越しいただき、親睦を深めることもでき、とても楽しいイベントです。<入社1年目 営業>
最近、社内で軽音楽部を作りました!思っていた以上に趣味で楽器をやっている人が多く、その方々と一緒にライブをやることに最近は注力しています。部員は引き続き募集中です!<入社2年目 業務スタッフ>
BBQ、フットサル、野球、演奏会等、各々の方の趣味に合わせたイベントや同好会があります。上司の方も気さくに接してくださるので楽しく参加できます。<入社1年目 営業>
社内でのイベントは、主に年末の忘年会と新入社員の歓迎があります。普段業務ではあまり関わることのない先輩、上司の方とも交流をとることができ、毎度、2次会まで参加しています!<入社2年目 管理スタッフ>

Q9学生時代に「これは是非やっておくべき!」ことは何ですか?

旅行へ行くことです。社会人になると長い時間を自分の為に使う機会が少なくなります。また、友人との休日を合わせることが結構大変です!今のうちに学生時代の友人と貴重な時間を過ごしてください。
<入社2年目 管理スタッフ>
ExcelやWordといったPC関連の学習をされておくことをお勧めします。配属先に関わらず、業務の中でPCを用いる場面は必ずありますので勉強して損はありません。ただ、習得を目標としてしまうと身構えてしまいますので、まずは触れてみるところから始められると良いかと思います。<入社1年目 管理スタッフ>
友人との連絡手段を必ず作っておくと良いと思います。当然のことですが就職するとなかなか会いづらくなり、疎遠になりがちです。趣味など、同じ価値観を共有できる友人は貴重な存在です。就職後も度々連絡を取って、就職後も会うことができるようにしっかり関係づくりをしておきましょう。<入社2年目 製造>

Q10就職活動中の学生へメッセージをお願いします。

就職活動は対人のため、出会いや相性もあり、上手く結果が出ないことも多々あると思います。その中でも諦めずにもがき、努力し続けてください。見てくれている人はきっといます。<入社1年目 営業>
ネガティブに考えても1円の価値もありません。就職活動は恋愛に近いと思います。告白を受け入れてもらうための駆け引きを楽しんで下さい!<入社2年目 営業>
妥協はしないでください。絶対にここで働きたいっていう会社を見つけてください。愛社精神がないと、どこに行っても100%で頑張れないと思います。「ダイトロン」でお待ちしております!<入社2年目 管理スタッフ>
さまざまな業界を幅広く見て、多くの情報を得るといいと思います。その中で自分の想いの1社に出会えるように頑張って下さい。<入社1年目 営業>
とても辛くてしんどい時期だと思います。でもその時期だからこそ、絶対に妥協せず、自分が納得することのできる企業を探し当ててほしいと、心から願っています。Good Luck!! <入社2年目 業務スタッフ>