製品情報

Wi-Fi 6 + Bluetooth® v5.2対応 無線LANコンボモジュール SX-PCEAXシリーズ

サイレックス・テクノロジー『SX-PCEAXシリーズ』
想定されるユースケース
製品名 Wi-Fi 6 + Bluetooth® v5.2対応 無線LANコンボモジュール
型式 SX-PCEAXシリーズ
メーカー サイレックス・テクノロジー株式会社
メーカーロゴ
メーカーサイト メーカー製品サイトはこちら
資料

概要

 無線LANの最新規格であるIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)をデバイスに搭載したい方へ、クアルコム無線のエキスパートであるサイレックスが技術を集結してお届けします。

 子機(ステーション)モードと親機(アクセスポイント)モードに対応し、OFDMATWTなどWi-Fi 6ならではの機能を豊富に搭載。高速通信だけでなく、Wi-Fi 6の様々な特長を使いこなしてシステムの通信効率・安定性を高めることができる、次世代無線LANシステムの開発に最適な無線LANモジュールです。

特長

サイレックス独自機能を追加し、より安定

より高速に ・同時通信を実現するOFDMA

スループットを向上するMU-MIMO

電力消費を抑制するTWT

主な仕様

型番 SX-PCEAX-M2 SX-PCEAX-HMC SX-PCEAX-SMT
チップセット クアルコム社製QCA2066
ホストインタフェース 無線LAN:PCI Express
  Bluetooth®:USB 1.1
無線LAN仕様 IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2x2)
Bluetooth®仕様 Bluetooth® v5.2※2
アンテナ端子 MHF4コネクタ:2個
動作環境条件 温度条件:-20℃~65℃
  湿度条件:5~85%RH(結露無きこと)
外形寸法 22.0×30.0×2.70mm 29.85×26.65×2.90mm 14.0×18.0×1.90mm
無線認証 日本、アメリカ、カナダ、欧州(英国)

※2 無線認証取得およびBluetooth®対応予定です。

その他

サイレックスの独自機能とは?

 サイレックスは、Wi-Fi 6の安定・高速をさらにサポートするためクアルコムのDBS(Dual Band Simultaneous)技術を応用したサイレックス独自機能の開発に取り組んでいます。

 DBSとは、1つのチップセットで異なる2つの周波数帯を同時に使用することを可能にする技術です。

 国内で唯一認められたクアルコム認定デザインセンターのWi-Fi技術パートナーとして、サイレックスは無線LAN搭載機器開発を計画するお客様にWi-Fi/Bluetooth®接続ソリューションを提供します。

サイレックスの独自機能.jpg

・独自機能1:通信の冗長化

 同じデータを異なる2つの周波数帯で送信することで、ノイズに強く通信断が発生しにくい機器を開発できます。

 より確実に無線でデータを届けたい用途や環境で有効です。

・独自機能2:通信の超高速化

 異なる2つの周波数帯で1つのデータを一気に送信します。

 Wi-Fi 6の通信速度をさらに高速化することで、超音波スキャナなどの大容量データでもストレスなく伝送します。

無線LANはWi-Fi 6の時代へ

 Wi-Fi 6は最大9.6Gbpsという高速な通信速度だけでなく、通信の安定性、データ通信効率においても大幅に改善され、Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)に替わるソリューションとして広がっていくことが期待されている通信規格です。

 ① 同時通信を実現するOFDMA

  OFDMA(直交周波数分割多元接続)は、増加するデータ通信量に対応し安定通信を実現する技術です。

OFDMA.jpg

 ② スループットを向上するMU-MIMO

  複数のアンテナから同時にデータを送受信し、無線通信のデータ容量を増加する技術です。

 ③ 電力消費を抑制するTWT

  ターゲットウェイクタイム(TWT)は、アクセスポイントと機器間で通信を行うスケジュールを設定・共有し、スケジュールされた期間のみ稼働を可能にすることで省電力化につなげます。

TWT.jpg

Wi-Fi 6で広がる無線LANユースケース

 今までの用途はもとより、最新規格 Wi-Fi 6の通信効率と安定性、省電力性をもって電波環境のシビアな工場や倉庫、医療現場などでも無線LAN搭載機器の活用機会が広がります。

WiFi6で広がるユースケース.jpg

ご紹介動画

関連製品