企業情報

沿革

50年を超えるダイトロンの歴史を創立から年表形式で振り返ります。

1950年代

1952年
(昭和27年)
大阪市北区太融寺に資本金30万円にて大都商事(株)を設立。
東京通信工業(株)(現・ソニー(株))の特約店となり、当時珍しかったテープレコーダの販売に注力。
1954年
(昭和29年)
業務拡張に伴い、本社を大阪市北区堂山町に移転。
ソニー製品の卸部を強化し、同時に(株)タムラ製作所の各種トランス、(株)広瀬商会製作所(現ヒロセ電機(株))・多治見無線電機(株)の各種コネクタの販売を開始。
1957年
(昭和32年)
業務拡張に伴い、本社を大阪市北区老松町に移転。
1958年
(昭和33年)
東京都新宿区花園町に東京支店を開設。
1959年
(昭和34年)
米国テーバー社の極東総代理店となり、摩耗試験機、その他計測器の輸入販売を開始。
設立当時の社内
東京支店設立時
テーバー摩耗試験機
のカタログ

1960年代

1964年
(昭和39年)
島田理化工業(株)と全国販売代理店契約を締結し、高周波・超音波応用機器の販売を開始。
1967年
(昭和42年)
(株)日立製作所と販売契約を締結し、無塵無菌装置(クリーン・ベンチ、クリーン・ルーム)の販売を開始。
1969年
(昭和44年)
ブランド名「Daitron」を商標登録。
超音波洗浄装置
当時のDaitronロゴ

1970年代

1970年
(昭和45年)
技術部を独立し、大都電子工業(株)(1988年ダイトロンテクノロジー(株)へ商号変更)を設立。
1975年
(昭和50年)
商品管理センターを大阪府吹田市垂水町に開設。
商品管理センター

1980年代

1980年
(昭和55年)
滋賀県栗東市伊勢落に栗東第一工場が完成。ベンディックスコネクタを用いたケーブル・ハーネスの製造を開始。
1986年
(昭和61年)
米国オレゴン州に現地法人を設立。
ベンディックスコネクタの生産

1990年代

1991年
(平成3年)
大阪市中央区島町に本社ビル新築完成。
1993年
(平成5年)
経営理念制定。
1994年
(平成6年)
電装事業部を分離し、子会社・ダイトデンソー(株)を設立。
1998年
(平成10年)
ダイトエレクトロン(株)に商号を変更し、商標「Daitron」のロゴデザインを刷新。
マレーシア駐在員事務所を現地法人化。
電子部門 商品仕入部(東京・大阪)、多摩営業所がISO9002を認証取得。
1999年
(平成11年)
日本証券業協会に株式を店頭公開(証券コード7609)。
行動規範(社訓)
新ブランドロゴ

2000年代

2001年
(平成13年)
東京証券取引所および大阪証券取引所の市場第二部に上場し、公募増資により資本金を21億8,600万円に増資。
2002年
(平成14年)
中国・香港および上海に現地法人を設立。
2004年
(平成16年)
大阪市淀川区宮原に本社ビル新築完成。本社および大阪府内の営業所、物流センターを集約。
2006年
(平成18年)
東京証券取引所および大阪証券取引所の市場第一部に上場。
ソウル支店(韓国)を現地法人化。
2007年
(平成19年)
ダイトデンソー(株)が鷹和産業(株)を子会社化。
2008年
(平成20年)
タイ・バンコクに現地法人を設立。
2009年
(平成21年)
エムテック(株)の半導体製造装置に関する事業を譲り受ける。
東証アローズでの
2部上場認証式
新本社ビル

2010年代

2011年
(平成23年)
中国・深圳に現地法人を設立。
2016年
(平成28年)
愛知県一宮市にグループの基幹工場となる中部工場を竣工。
2017年
(平成29年)
国内製造子会社のダイトデンソー(株)、ダイトロンテクノロジー(株)と合併し、ダイトロン株式会社に商号を変更。
(有)谷本電装を完全子会社化し、ダイトテック(株)を設立。
2018年
(平成30年)
中部工場の敷地内に中部第二工場を竣工。
中部工場