IR情報

トップメッセージ

代表取締役社長 前 績行
次の成長ステージに向け、3社合併により更なる経営の積極化へ。

 2014年度より開始いたしました第8次中期経営計画は2014年度、2015年度ともに売上高は前期比10%を超える二桁成長と大幅な利益成長を持続し、順調な進捗となっております。また、最終年度となる2016年度は、この2年間の成果を基礎に、次の第9次中期経営計画において売上・利益共に本格的な成長に向けてステージをさらに上げていくための準備を進めてまいります。

 第一に、当社と国内製造会社2社の合併を行い、社名を「ダイトロン株式会社」とすることとしました。3社統合の最大の狙いは、技術、ノウハウ、顧客ニーズなど各社に分散しているあらゆる情報を集約し、グループ全体の製販一体路線の経営に最大限の活用を行うことです。また、社名を国内外で認知度も徐々に高まってきた「Daitron」というプロダクトブランド名と共通化することで、今後の更なるグローバル展開にも好影響をもたらしたいと考えております。
 第二に、新生・ダイトロンの基幹工場とすべく、2016年11月の竣工・稼働を目指し愛知県一宮市に製造拠点を新設します。ここには国内製造会社2社の主要な製造機能を集約し、“ものづくりの効率化・生産性向上”を図る一方で、既存の工場においては、地域に根差した事業活動の継続を基本に、研究開発およびエンジニアリング機能を強化していく方針です。
 第三に、国内・海外ともに“地域密着”による顧客企業への対応強化を目指して、営業拠点の拡充を図ってまいります。

 近年、エレクトロニクス産業に巻き起こっている変化は、非常に大きく激しいものです。事業ポートフォリオのドラスティックな変革、収益改善や新たな成長の場を求めた国内企業の海外進出加速、国内での次の成長事業創出に向けた各社の取り組みなど、幾つもの大きな変化が同時に起こり、業界構造も商材も急速に様変わりしてきました。これを受け、生き残りを掛けた合従連衡が頻発し、業界地図にも変化が生じています。
 そうした中で、当社グループはあくまでも独自路線を貫き、自ら価値を見出していくことで生き残りを果たしてまいります。
 次の成長ステージに向けた新たなチャレンジにグループ一丸となって取り組み、企業価値の向上と株主の皆様への利益還元の安定的拡大を目指してまいります。
 株主の皆様には、引き続きご支援のほどお願い申し上げます。

Copyright © Daito Electron Co.,Ltd All Rights Reserved.