超低ノイズスイッチング電源 Ultra Low Noise Switching Power Supply

DFS150A
特長
  • 複合共振方式採用、高効率·低ノイズを実現
  • ワールドワイド入力、高調波電流規制対応
  • RoHS指令対応
  • 塩化ビニール未使用
  • 各種安全規格取得
  • 各種EMC規格準拠
生産中止品

関連資料ダウンロード

※PDFファイルやDXFファイルをご覧になるためには、対応したアプリケーションソフトが必要です。

仕様

型名 DFS150A-5 DFS150A-12 DFS150A-15 DFS150A-24 DFS150A-48
入力 入力電圧 定格100-240Vac ( 入力電圧範囲:85~264Vac )
入力周波数 定格50/60Hz ( 入力周波数範囲:47Hz~63Hz )
入力電流 ※1 (  ACIN 100V / 200V ) 1.2A / 0.6A ( Io=100% ) 2.0A / 1.0A ( Io=100% )
突入電流 ※1 ( ACIN 100V / 200V ) 15A / 30A ( Ta=25℃ コールドスタート時 )
効率 ※1 ( ACIN 100V / 200V ) 73% / 75% 82% / 84% 82% / 85% 85% /86% 86% / 88%
力率 ※1 ( ACIN 100V / 200V ) 0.98/ 0.91 0.99 /0.95
漏洩電流 0.17mA typ ( 100Vac,60Hz )
0.44mA typ ( 240Vac,60Hz )
 
出力 出力電圧 5Vdc 12Vdc 15Vdc 24Vdc 48Vdc
出力電流 16A 12.5A 10A 6.3A 3.2A
最大出力電力 80.0W 150.0W 150.0W 151.2W 153.6W
静的入力変動 40mV max 48mV max 60mV max 96mV max 192mV max
静的負荷変動 80mV max 96mV max 120mV max 150mVmax 300mV max
リップルノイズ ※2 30mV typ 40mV typ
 
付属
機能
過電流保護 ※3 定格電流値×110%以上 ( 出力遮断 )
過電圧保護 ※3 定格電圧値×115%以上 ( 出力遮断 )
リモートセンシング なし
リモートコントロール ※4 あり
運転表示 なし
 
構造 冷却方式 自然空冷
寸法 ( W×H×D ) 75×37×222mm ( ケース付:85×48×247mm )
質量 本体:450g ( ケース付:800g )
入出力端子 / 信号端子 コネクタ
 
環境 動作周囲温度 −10℃~+60℃ ( 出力電力ディレーティングあり )
動作周囲湿度 30%RH~90%RH ( 結露なきこと )
保存温度 −20℃~+85℃
保存湿度 10%RH~95%RH ( 結露なきこと )
耐振動 19.6m / s² 10~55Hz 掃引1分 X,Y,Z 3方向各1時間
耐衝撃 196.1m / s² 11ms X,Y,Z方向各1回
 
絶縁
耐圧
耐電圧 INPUT-FG:2kVac ( 20mA ) 1min
INPUT-OUTPUT:3kVac ( 20mA ) 1min
OUTPUT-FG:500Vac ( 100mA ) 1min
絶縁抵抗 INPUT-FG,INPUT-OUTPUT,OUTPUT-FG
500Vdcにて100MΩ以上
 
適応
規格
静電気試験 EN61000-4-2 準拠
放射電磁界イミュニティー試験 EN61000-4-3 準拠
ファーストトランジェントバースト試験 EN61000-4-4 準拠
雷サージ試験 EN61000-4-5 準拠
伝導性イミュニティー試験 EN61000-4-6 準拠
電源周波数電磁界イミュニティー試験 EN61000-4-8 準拠
電圧ディップ、瞬停、
電圧変動イミュニティー試験
EN61000-4-11 準拠
雑音端子電圧 EN55022-B,FCC-B,VCCI-B 準拠
安全規格 UL60950-1,CSA-C22.2 NO.60950-1,EN60950-1 認定,電安法準拠
CEマーキング 低電圧指令 適合
UL File No E237238
高調波電流抑制 EN6100-3-2 ( CLASS A ) 準拠

※1 条件:Ta=25℃ 最大出力電力時のtyp値です。

※2 JEITA測定方法、100MHzオシロスコープによります。(条件:Ta=25℃,Vin=100Vac 定格出力時のtyp値です)

※3 入力再投入で復帰します。

※4 リモートコントロールは周囲温度40℃以下の環境でお使い下さい。

∗  取付方向によりディレーティングが必要です。過負荷、及び仕様範囲外入力での使用は故障の原因となりますのでおさけ下さい。ケース付きの場合は、出力ディレーティングが必要です。

外観図

外観図