超低ノイズスイッチング電源 Ultra Low Noise Switching Power Supply

技術編動画はこちら

製品の特長

特長1 低ノイズ

ハードスイッチング型電源との比較

ダイトロンオリジナル電源は、従来のハードスイッチング電源と比較して出力ノイズを驚異的に低減することに成功しています。

出力ノイズのレベルは、約1/10以下、各規格の要求レベルを大幅に下回っています。これにより、ノイズに敏感なアプリケーションに対してクリーンなDC電源を供給できます。
また、お客様のノイズ対策にかかる設計リソースを大幅に軽減することができます。

複合共振方式採用

ダイトロンオリジナル電源は、複合共振型スイッチング方式を採用することにより、スイッチング波形を滑らかにして、ノイズを画期的に低減しています。
加えて、電圧・電流のタイミングをゼロクロスするよう設計されています。これにより、高効率で動作することが可能です。

ハードスイッチング(フォワード方式) ソフトスイッチング(複合共振方式)

特長2 小型・軽量・高効率

当社の低ノイズ電源は、スイッチング電源の小型、軽量でかつ高効率の特性を維持したまま、リニア電源並みの低ノイズの性能を実現することに成功しています。これにより、お客様のノイズに敏感なアプリケーションに使われていた大型で重く、効率の低いリニア電源を次の新規設計時にダイトロン製低ノイズ電源に置き換えることで小型、軽量、高効率化のメリットを享受することができます。

特長3 高コストパフォーマンス

当社の低ノイズ電源は製品開発担当技術者のリソースを大幅に削減することが可能です。その超低ノイズ性能により、ノイズ対策にかかる時間と労力の軽減、周辺フィルタ回路の削減につなげることができます。また、低漏洩電流という特徴により医療機器向け製品にとってシステム構成の選択の幅が拡がることが、大きなメリットのひとつとなります。