出展概要 
2013年12月4日〜6日
パシフィコ横浜
ブースNo. 93
   
【デジタルビデオ カメラモジュール XCL-Sシリーズ】

XCL-Sシリーズは高画素CCDを搭載しながらも、50(W)×50(H)×57.5(D)mmのコンパクトな筐体サイズを実現。 さらに、白黒、カラー出力を揃え、ソニー独自機能を搭載しているこのシリーズは、多様なアプリケーションへの展開や 高精密・高性能を必要とするアプリケーションに対応可能なカメラです。
【デジタルビデオ カメラモジュール XCL-Cシリーズ】

XCL-Cシリーズは、29(W)×29(H)×30(D)mmのキュービックサイズにソニー独自機能をはじめ、多彩な機能を搭載した カメラです。高速フレームレートを実現し、耐振動性、耐衝撃性に優れたカメラです。
【カラーカメラモジュール FCB-microシリーズ FCB-MA130 】

FCB-MA130はExmor TM CMOSイメージセンサーとソニーの独自ISP、専用レンズを高密度実装技術により小型サイズで実現した、産業用途向けカラーカメラモジュールです。
イメージスタビライザー(手ブレ補正)、顔検出、ATR、逆光補正など多彩な機能を内蔵し、動画はFUllHD、静止画は13メガピクセルまでの画像出力に対応しています。高精細、高機能でコンパクトな筺体により、幅広いアプリケーションでお使いいただけます。
【画像入力ボード Matrox SoliosFamily】

Matrox Soliosは、アナログ、Camera Link、GigE Visionに対応した画像入力ボードです。 バスインターフェースは、PCI Express、PCI-Xに対応。
【画像処理ライブラリー Matrox ImagingLibrary 】

Matrox Imaging Library(MIL)は、産業用画像処理アプリケーション開発のためのソフトウェアツールの総合的なコレクションです。MILには、アプリケーション実現可能性調査、プロトタイピングから、開発と最終的な配備まで、 プロセスのあらゆる段階に対応するツールが含まれています。
【産業用PC Matrox 4SightGPm】

Matrox4SightGPmは、直感的で使いやすく拡張性の高い統合開発環境
「MatroxDesignAssistant4.0」で開発可能な簡易筐体型の画像処理ユニットです。 1システムで高度な画像処理アプリケーションの開発が可能です。
【ドーム照明 HPDシリーズ】

独自の照射構造により、高出力ながら、均一な拡散光照射を実現し、LEDからの照射光をムダなく拡散照射します。また、ワークから照明までの距離を変えても均一領域の変化が少ないため、幅広い用途でご利用頂けます。
【カメラリンクケーブル】

高屈曲・高伝送対応カメラリンクケーブルです。
Base/Medium/Full Configuration. だけでなく、PoCLにも対応し、高い伝送特性を実現しております。
【非圧縮画像記録 Zenkman FCR Series】

簡単・手軽に非圧縮画像記録!高画素からハイスピード、サーモグラフィや、マルチカメラまで対応。
多種多様なカメラを用途に応じて選択できます。持ち運びも簡単で、小型タイプ、モバイルタイプをラインナップ。