IR情報

用語集

ア行

ISO14001
アイエスオー14001

1996年に発行された組織活動、製品及びサービスの環境負荷の低減といった環境パフォーマンスの改善を実施する仕組みが継続的に運用されるシステム(環境マネジメントシステム)を構築するために要求される規格です。ISO14001を取得している組織(企業等)とそうでない組織とでは、取得している組織の方が環境に配慮した活動を行っていると消費者から評価され、選ばれるようになります。

ISO9001
アイエスオー9001

企業がお客様へどういう品質・サービスを提供していくのか組織としての方針を定め、お客様が何を求め、それを提供していくために 継続的に改善していく仕組み(=品質マネジメントシステム:QMS)です。 業務を棚卸してみて、業務を標準化し(単に業務を統一化するのではなく)、品質マニュアルなどで文書化し、各従業員が決めたことを確実に 実行しているかを検証し、記録し、できていなければ改善していくものになります。品質マニュアルはいつでも開示できるようにしておきます。

IC
アイシー

【Integrated Circuit】(集積回路)の略です。トランジスタ、抵抗、コンデンサ、ダイオードなどの素子を集めて基板の上に装着し、各種の機能を持たせた電子回路のことです。1959年に考案され、現在では様々な機器に組み込まれています。 今日では、コンピュータから家電製品、産業用機械、ICカードにいたるまで、あらゆる場面でICが応用されています。

IGBT
アイジービーティー

パワーデバイス分野の代表的素子で、MOS FETとバイポーラトランジスタを組み合わせて1 チップにした素子のことです。絶縁ゲート型バイポーラトランジスタともいいます。MOS FET でバイポーラトランジスタを制御する構造であるため、MOS FET の大電力制御などの両方の特長を兼ね備えており、汎用モータやインバータ制御機器などのスイッチング素子として用いられます。

青色LED
アオイロエルイーディー

窒化ガリウム方式によって実用化されたLED(発光ダイオード)のことです。これにより光の3原色である赤、緑、青が揃いLEDでフルカラーを再現できるようになりました。

青色レーザー
アオイロレーザ

青色レーザーとは、波長が400~450ナノメートル(nm)の、青色に光って見えるレーザー光線で、窒化ガリウム(GaN)を主な材料としています。光ディスク技術、半導体分野など幅広く採用されています。

ASSY
アッシー

「assembly(アッセンブリー)」の略語です。パーツ単体ではなく複数が組み合わされた構成部品(ユニット)のことです。

EL
イーエル

Electoro Luminescence エレクトロルミネンス(ディスプレイ) 電圧を加えると蛍光を発する(自発光)物質を利用した素子(ディスプレイ)です。高コントラスト、広視野角、高速応答、低消費電力などの特徴があります。

インバーター
インバーター

直流電力から交流電力を電気的に生成する(逆変換する)電源回路、またはその回路を持つ電力変換装置のことです。制御装置と組み合わせることなどにより、省エネルギー効果をもたらすこともでき、近年利用分野が拡大しています。

インベスターズガイド
インベスターズガイド

アナリスト、機関投資家、株主などへの情報開示の一環として、自主的に経営方針、営業戦略、財務状況、業界情報などの経営情報を定期的に紹介する情報発信ツールです。

ウェーハ
ウェーハ

ICチップの製造に使われる半導体でできた薄い基板のことです。ウェーハは「インゴット」と呼ばれる原料の物質を円柱状に結晶成長させ、薄くスライスして製作した円盤のことです。ICチップはウェーハ上に回路パターンを焼き付けて製造されます。最後に長方形に切り出されたものがICチップになります。

ウェーハプロセス
ウェーハプロセス

半導体製造工程の前工程で、シリコンウェーハにトランジスタを埋め込み、その上に何層も配線してIC、LSIを完成させる工程のことです。

ASSP
エーエスエスピー

Application Specific Standard Produce 特定の顧客用にカスタマイズされていないため、顧客を限定せず、複数の顧客に汎用部品として提供することができます。

液晶パネル
エキショウパネル

偏光フィルタ(水平、垂直)、ガラス基板、液晶、バックライトなどで構成される液晶ディスプレイの画像表示部分のことです。液晶分子自体が発光するわけではないので、光源としてバックライトが必要となります。

FA
エフエー

factory automationの略称です。機械工業における工場の自動化システムのことです。

LED
エルイーディー

Light Emitting Diode。発光ダイオードのことです。電流を流すと光を放射するダイオードです。半導体の種類と添加する材料によって、光の色(波長)が決まります。GaAs系は赤外から赤、GaN系は緑または青色となります。寿命が長く、消費電力も少ないです。高輝度の製品が開発され、照明やディスプレイに広く利用されています。

LEDディスプレイ
エルイーディーディスプレイ

LEDを用いた表示装置(ディスプレイ)のことです。 コンパクトで堅牢、半導体駆動回路との整合性がよいといった特徴がある。LEDはこれまで、駅の案内板など単色の電光表示として用いられていたが、今は画面輝度が高く、耐久性に優れ、薄型で超大画面を構成できるため、カラーの屋外大画面ディスプレイとして実用化されています。

LSI
エルエスアイ

Large Scale Integration IC(集積回路)のうち、素子の集積度が1000個~10万個程度のものを指します。また、単にICの同義語のことです。1970年代にそれまでの初期のICから飛躍的に集積度が高まった技術や製品を区別するために生まれた呼称だが、現在では「IC」という語と同じく単に半導体集積回路一般を指す言葉として使われています。

エンジニアリング
エンジニアリング

自然の法則と社会的必要性という制限の中でテクノロジーを創り出すことです。

エンベデッドシステム(組み込み用ボードコンピュータ)
エンベデッドシステム

産業機器や家電製品などに内蔵される、特定に機能を実現するためのコンピュータシステムのことです。近年では、電気・電子機器の高度化・複雑化により、広範な分野で組み込みシステムが採用されるようになっています。多くの家電製品などにも搭載されています。

OEM製品
オーイーエムセイヒン

OEM=Original Equipment Manufacturerの略で他社ブランドの製品を製造することです。

OPT
オプト

Optical Device Manufacturing Equipment の略です。

温度センサ
オンドセンサ

室温・外気温・ボイラ・冷温水等の温度を検出するための感知器のことです。 計測の目的・対象によって種類が多いです。 空調機器の制御を目的とするには、 温度を電気信号に変換しやすい機種が選ばれます。

オンボード
オンボード

PCのマザーボードに、何らかの機能を提供する部品が直接搭載されている状態のことです。または、そのような部品のことです。

ページトップに戻る

カ行

画像処理装置
ガゾウショリソウチ

画像から必要な情報を取出して分析したり、画像データを加工・編集したりする装置のことです。CG・写真・イラストなどの用途の場合にはビジュアル的な加工の要素が大きくなるが、工業用途では、外観・表面検査や、寸法計測、特徴抽出、パターン認識などに使用します。

画像処理ボード
ガゾウショリボード

画像処理ボードとは、ハードウェアおよびソフトウェアとしての画像処理機能を備えた専用の組込用ボードのことです。汎用のシステムでは画像処理能力が足らないような、高精細画像の高速取込みや、リアルタイム処理が必要な場合の、表面検査、外観傷検査、寸法計測、特徴抽出などに使用します。

決算短信
ケッサンタンシン

決算情報の要点を発表したものです。すべての上場会社が作成します。貸借対照表や損益計算書、役員人事、連結業績予想、配当の状況等が含まれ、1事業年分の連結経営成績や連結財政状態が明らかになります。

高輝度LED
コウキドエルイーディー

発光ダイオード (LED)を使用した照明器具の外形形状を調整し、より高輝度になるようにしたものです。

高周波デバイス
コウシュウハデバイス

高速通信機器が高周波信号を使うために必要な装置のことです。

コネクタ
コネクタ

結合相手となる部品と接続及び切り離しを目的とした導体を接続する部品のことです。

ページトップに戻る

サ行

サファイア基盤
サファイアキバン

サファイアを使用した基板のことです。青色ダイオードなどの発熱に耐え、かつ成膜用基板としての優れた特性を持ち合わしています。

CCD
シーシーディー

半導体を用いた揮発性の記憶媒体で、アナログ・デジタル両方の信号を記憶することができます。小型でアクセスが速いなどの利点を持ち、「電荷結合素子」と訳されることもあります。

事業報告書(中間報告書)
ジギョウホウコクショ(チュウカンホウコクショ)

中間決算発表後に配布される事業報告書を簡略化したものです。

事業報告書(年次報告書)
ジギョウホウコクショ(ネンジホウコクショ)

決算期ごとに会社の事業活動の概況を記載した報告書です。事業報告書は、株主総会が終わってから株主や取引銀行など会社に関係を持っている人に配られるパンフレットです。法律で配付が義務付けられているわけではありませんが、経営状況を多くの人々に明らかにする情報開示の大切な手段として実施されています。事業報告書に盛り込まれている内容は、会社の置かれている経営環境から経営課題、業績状態、営業状況や設備投資などで、『会社情報』や『会社四季報』に網羅されている項目がよりていねいに説明されているとみればいいでしょう。中間決算発表後には、事業報告書を簡略化した『半期報告書』が株主などに配られます。

CCDカメラ
シーシーディーカメラ

光を電気信号に変換する電荷結合素子(CCD)を利用したカメラのことです。CCDはビデオカメラやデジタルカメラにも使われています。

CPUボード
シーピーユーボード

マイクロプロセサ(CPU)を搭載した拡張ボード。パソコンやワークステーションなどの拡張スロットに差し込んで使用します。パソコン本体のCPUより高速な処理性能が必要なときや,本体のCPUでは動作しないOSなどを動作させるときに用います。

瞬低保護装置
シュンテイホゴソウチ

落雷などによる瞬時電圧低下による損害から生産工場におけるプロセス制御装置・OA機器・コンピュータ等の精密機器を効率的に保護する装置です。

シリコンウェーハ
シリコンウェーハ

ICチップの製造に使われる半導体でできた薄い基板のことです。シリコン製のものが多く、これを特に「シリコンウェーハ」と呼びます。

SiC
シリコンカーバイド

Silicon Carbide 炭化ケイ素 硬度、耐熱性、化学的安定性に優れ、研磨材や耐火物、発熱体などに使われています。半導体素材としても開発が進んでおり、シリコンに比べて高電流、高温に強く、電力損失が少ない。電源向けなどのパワー半導体として期待されています。

スイッチング電源
スイッチングデンゲン

入力電力から希望の出力電力を得る電力変換装置において、電力変換・調整する為にスイッチング素子(電気回路の一部をON/OFFできる素子)を用いた電源装置のことです。

センサーIC
センサーアイシー

センサー機器に用いられる集積回路(Integrated Circuit)のことです。

ソーラーシミュレーター
ソーラーシミュレーター

ソーラーシミュレータとは、擬似的な太陽光を人工的に発生させる光源装置のことです。塗料や印刷インキ、化粧品、外装材などの退色・劣化・耐光試験や、太陽電池、光触媒などの特性を測るために使用されています。

ページトップに戻る

タ行

太陽電池製造装置
タイヨウデンチ

光エネルギーを直接電力に変換する電力機器を製造する装置のことです。

超高性能ノイズ除去トランス
チョウコウセイノウノイズジョキョトランス

電源から侵入するノイズから、精密機器やデジタル機器などを保護するトランス(変圧器)のことです。

DC/DCコンバータ
ディーシー/ディーシーコンバータ

DC(Direct Curret)とは「直流電気」を表しています。乾電池、車のバッテリー等がそれに当たります。 家庭用の100VはAC(Alternating Current)で「交流電気」を表しています。コンバータは「変換器」の意味です。 つまり、DC(3.0V)をDC(1.5V)やDC(5.0V)に変換することから「DC/DCコンバータ」と呼んでいます。 DC/DCコンバータは、「スイッチング電源」、「スイッチング・レギュレータ」とも呼ばれています。

デザイン・イン
デザイン・イン

顧客製品の仕様が固まる前の設計段階において、自社製品の採用を促進する営業活動のことです。

TV会議システム
テレビカイギシステム

回線にて遠隔地を接続し、テレビ(映像と音声)を用いて遠隔地同士のFace To Faceで会議を実現するシステムです。現地に赴く時間や経費を節約し、その地にいながらにして商品の規格、デザイン、そして取引条件などを確実かつタイムリーに確認することが可能になります。

電気二重層キャパシタ
デンキニジュウソウキャパシタ

電気二重層キャパシタは、二次電池やコンデンサ等、電気を貯める蓄電媒体の一つであり、1対の活性炭電極(プラス、マイナス)と電解液とで構成されています。 充電時に、電極と逆電極の電解質イオンを電極の表面に物理的に吸着させ(これにより電気二重層を形成)、放電時に脱落させることを利用しています。 充電・放電の際に化学反応を伴わないため、電極の劣化がほとんどなく、長期に渡って使用できます。

トランス
トランス

交流電力の電圧の高さを電磁誘導を利用して変換する電力機器・電子部品で、変圧器とも呼ばれます。

ページトップに戻る

ナ行

2次電池
ニジデンチ

使い切ったら充電して何度も再利用できる電池のことです。使い捨ての1次電池に比べ、充電器が必要で製品価格も高いが、数百回から1000回程度繰り返し使用できるので長い目で見た経済性は高い。

ページトップに戻る

ハ行

ハーネスASSY
ハーネスアッシー

電源供給や信号通信に用いられる複数の電線を束にして集合部品(ASSY)としたものです。自動車の車内配線など、多くの電気配線を必要とする多様な機械装置で用いられています。

バックライト
バックライト

背面から液晶を照明するものです。

パワーコンディショナー
パワーコンディショナー

太陽電池(モジュール)などが発電した電気を家庭等で利用できるように変換する機器のことです。太陽電池が発電する電気は「直流」だがこれを「交流」に変換することで通常利用が可能な電気とする役割を持ちます。

パワーデバイス
パワーデバイス

電力の変換や制御を行う半導体のことです。基本的な動作原理はメモリ、マイコン、ICといった半導体デバイスと同じであるが、ICと比較して高耐圧・大電流を制御することができます。

汎用半導体
ハンヨウハンドウタイ

用途を特定しない半導体のことです。

PC
ピーシー

主に個人によって使用されるパーソナルコンピュータ(Personal computer)の略です。

光デバイス
ヒカリデバイス

光を用いて様々な量を計測することです。現在では、様々な分野で測定に利用されています。

非接触ICカード/リーダライタ
ヒセッショクアイシーカードリーダライタ

カードの内部にアンテナを持ち、外部の端末が発信する弱い電波を利用してデータを送受信するICカードのことです。 カード自体が動作するための電気も電波から生成するため、電池なしで動作できるようになっています。鉄道・バスのプリペイドカードとして世界的に採用されているほか、企業の社員証などに採用される例が増えています。

プラズマディスプレイパネル
プラズマディスプレイパネル

放電による発光を利用した平面型表示素子の一種です。電極を表面に形成したガラス板と、電極および、微小な溝を表面に形成し、溝内に赤、緑、青の蛍光体層を形成したガラス板とを狭い間隔で対向させて希ガスを封入し、この電極間に電圧をかけることによって紫外線を発生させ、蛍光体を光らせて表示を行っています。

フラットパネルディスプレイ
フラットパネルディスプレイ

薄型ディスプレイ・パネルの総称です。小画面のものから徐々に大画面化していきました。具体的には,液晶ディスプレイ,プラズマ・ディスプレイ・パネル,有機ELパネルがあります。消費電力,視野角,発色,輝度,応答時間などが技術的な課題になります。

プリント基板
プリントキバン

電子部品を固定して配線するための電気製品の主要な部品のひとつです。

ボードコンピュータ
ボードコンピュータ

基板などのボード上に搭載されたコンピューターの総称です。

ページトップに戻る

マ行

マシンビジョン
マシンビジョン

マシンビジョンとは、人の目の代わりに画像を認識し、位置決めや種別、計測、検査を行うシステムのことです。製造業では電子部品や半導体、自動車、食品や医薬品などの検査工程で、デジカメやスマートカメラ、画像処理ソフトで構成されるシステムが、人間の検査者の代わりに製品検査を行います。

MEMS
メムス

Micro Electro Mechanical Sysytemsの略称です。知能センサや半導体回路を組み合わせ、さらなる機能性、コスト及び柔軟性を様々な電子システムにもたらす微小なマシン及びその創製技術のことです。日本では「マイクロマシン」と呼ばれるものとほぼ同義です。

ページトップに戻る

ヤ行

有価証券報告書
ユウカショウケンホウコクショ

株式を証券取引所などの金融商品取引所に上場、公開している会社や、有価証券により1億円以上の資金調達を行う会社などが、株主総会終了後かつ各事業年度終了から3ヶ月以内に内閣総理大臣宛で提出することが義務付けられている書類のことです。金融商品取引法により規定されています。具体的には企業の概況、事業や設備の状況、経理の内容、株式の状況、株価の推移、役員の構成などが記載されており、企業内部の状況を詳細に知ることのできる開示資料となっています。

有機EL
ユウキイーエル

ELとは物質がエネルギーにより励起され起こるルミネセンス(発光)現象の一つで、半導体などに電圧を加えて起きるもののことです。発光体にジアミン類などの有機物を使うものを有機ELといいます。

UPS
ユーピーエス

Uninterruptible Power Supply (無停電電源装置) 電池や発電機を内蔵し、停電時でもしばらくの間コンピュータに電気を供給する装置のことです。ユーザはこの間に安全にシステムを終了することができます。

ページトップに戻る

ラ行

RoHS
ローズ

RoHSとは、電気・電子機器に含まれる危険物質を規定し、物質の使用を禁止する旨の指令のことです。電気・電子製品の生産から処分までのすべての段階で、環境や人の健康に及ぼす危険を最小化することが、RoHSの主な目的です。RoHSは2003年1月にEU(ヨーロッパ連合)加盟国15ヵ国で採決された指針であり、2006年7月以降に同圏内で発売される製品については特定物質の使用が全面的に禁止されることになっています。

ページトップに戻る

Copyright © Daitron Co.,Ltd All Rights Reserved.